東京都市大学   東京都市大学 交通アクセス お問い合わせ 都市大グループ

沿革
 東横学園女子短期大学は、東京急行電鉄株式会社社長、故五島慶太翁が女子教育の重要性に鑑み、昭和14年4月に等々力の地に創立した「東横商業女学校」(同年6月1日開校式挙行)にその端を発しています。 翌年施設の充実とともに校名も「東横女子商業学校」と改称されましたが、終戦後の学制改革によって発展的に解消し、昭和23年4月、「東横学園高等学校」(女子)となり、これを基盤として昭和31年4月、家政科のみの「東横学園女子短期大学」として発足しました。

 昭和30年6月1日、学校法人東横学園と学校法人武蔵工業大学は、ともに、「学校法人五島育英会」の傘下に組み入れられ、理事長五島慶太翁による学園構想は、一段と発展を遂げるに至りました。

 昭和41年4月、国語国文科並びに英語英文科を設置、ここに3学科を持つ短期大学となりました。

 昭和44年4月には学科名変更や専攻分離が行われ、家政科は家政学科となり、家政学専攻と食物栄養学専攻に分れ、国語国文科は国語国文学科、英語英文科は英語英文学科と改称されました。

 平成2年4月、家政学科は、生活学科に学科名を変更、さらに平成3年4月には同学科の専攻制を廃止しました(昭和51年4月より各学科とも入学定員を増加)。

 その後、平成8年に短大創立40周年を迎えたのを機に、同12月学科改組を行い、平成9年4月から従来の国語国文学科、英語英文学科、並びに両学科にまたがる教養科目を教授する教養系(一般教養)を統合し、学科名も言語コミュニケーション学科に変更しました。

 平成16年4月から言語コミュニケーション学科の募集を停止し、同学科の学生定員を活用して実学教育を推進するため、保育分野の短期大学(昼間部)で日本初となる3年制の保育学科を設置しました。

 平成17年4月には、生活学科をライフデザイン学科に名称変更しました。

 武蔵工業大学との統合を控え、平成20年4月から両学科の募集を停止し、平成21年3月にライフデザイン学科、平成22年3月に保育学科の最後の卒業生を送り出しました。
 

創立50周年
  これまでも、これからも 創立50周年
 東横学園女子短期大学の卒業生は、創立以来、平成18年3月には約26,000名に達し、多くの方々のご支援のもと、平成18年6月、創立50周年を迎えました。
“これまでも、これからも”をシンボルフレーズに、培ってきた良き伝統を引き継ぎます。

創立50周年記念室
 平成18年6月1日に創立50周年を迎え、これを記念して、創立の歴史をたどる記念室が設置されました。
 一般に公開されておりますので、ぜひ、ご訪問ください。
 

大学歌
 
 

Copyright(C) TODOROKI Campus, TOKYO CITY UNIVERSITY All Rights Reserved.